<タイムボムに「AW II」入荷 | ジョー・ラリー緊急帰国>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:タイムボムに「AW II」入荷
ひとつ前の記事:ジョー・ラリー緊急帰国

ジョー・ラリー来日ツアー中止の真相

ジョー・ラリー緊急帰国」でジョーのお父さんが危篤のため緊急帰国したとお伝えしたが、これは間違っていたかもしれない。

あの記事に書いた内容は、今回のツアーの招聘元である Valse Hot篠原氏(=Shino)が21日に自身のサイトの掲示板に書き込んだ以下の内容が情報源だった。

今日の熊谷公演からJoe Lally & Zu Japan Tourの公演中止が決定してしまいました。理由はJoe Lallyの父親の諸事情により緊急にアメリカのほうに帰らないといけないからです。またZuはメインアクトのJoe Lallyが出演しないのであれば僕等もツアーを回ることが困難であると判断し、他の公演の出演を辞退しました。会場関係者様、共演バンドの皆様、そしてファンの皆様にお詫び申し上げます。本当にすいません。

代替公演につきまして、とりあえず今日の熊谷公演は54-71,Mouse On The Keysの2バンドで行います。すいませんが宜しくお願い致します。 また、他の代替公演のあり、なしはわかり次第この掲示板でお知らせ致しますのでお願い致します。

本当にすいません。ご理解頂けたらと思います。

2007年6月21日
Valse Hot/篠原

しかし、その後ジョーのサイトにアップされたツアーキャンセルについてのコメントは篠原氏のものとは食い違っていた。

My appologies to the clubs and fans in the cities of Japan that Zu and I were unable to play in. On the night of June 20th we decided we should leave the tour because of the disrespectful treatment we received from our tour promoter Shinohara Ryuichiro. By coincidence the following morning I was informed that my father passed away that same night. Both Zu and I will make up the shows we missed as soon as our schedules permit.

英語なので要約すると「6月20日の夜にツアープロモーターである篠原氏に無礼な扱いを受けツアー中止を決意した。偶然にも次の日の朝、20日に父が他界したことを知った。」といった内容。要するにお父さんが他界したのが直接の原因ではなかったとコメントしている。

どちらの言い分が真実なのかはまだわからないが、同業者やバンド関係者のブログなどを見ていると、篠原氏が以前別のアーティストを招聘した時にも宿泊や出演料のことでアーティストから相談されたことがあったと書いてあったことから、篠原氏の招聘には以前から問題があったようだ。

ツアーに同行していた ZU も23日にコメントを MySpace にアップしているが、やはり宿や機材、そしてギャラに関して事前の説明とは違い不備があったと話している。

現在、Valse Hot の掲示板 でも事後の対応の悪さを指摘されているが、同じようにアーティストとの事前の対応が十分でなかったことが今回のような異例のツアー中止を招いたのではないだろうか。

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:タイムボムに「AW II」入荷
ひとつ前の記事:ジョー・ラリー緊急帰国

この記事へのコメント

サバーチカ 2007-07-25 22:56:14 #- [編集]
fugazoさん、こんばんは。
暑さが本格化してきましたがお元気でお過ごしでしょうか?FUJI参戦とのこと、またオマーさんのライブなどでお目にかかれたらヨロシクです♪
そして、今ごろ食いつくか!?って感じですがジョー・ラリーさんの帰国の真相、なるほど~、と思って読ませていただきました。はじめから会場の規模とか安すぎる料金設定とかちょっと変だな、とは感じてましたが(って後からなんぼでも言えますが^^;)、とにかくジョーさん達がお気の毒ですね。いつかまたいい形で会えますように。
ではでは、またまた。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。