<ジョー・ラリー直筆セットリスト | お疲れ&気になるRHCPの話>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:ジョー・ラリー直筆セットリスト
ひとつ前の記事:お疲れ&気になるRHCPの話

マーズ・ヴォルタの4thアルバムのメモ

マーズ・ヴォルタの4枚目のオリジナル・アルバムが8月にリリースされる。タイトルは "The Bedlam in Goliath" で、リリースは bounce.com によると、国内盤が8月22日、輸入盤は未定。

レコーディングについて

レコーディングは、ハリウッドにある Ocean Way Recording で行われた。プロデュースは今回もオマー本人。エンジニアには2nd、3rdで起用したリッチ・コスティではなく、Robert Carranza を起用している。彼は過去に Los Lobos, Ozomatli, Jack Johnson, Beck, Eels, Molotov, Supergrass などと仕事をしているそうだ。(Digital Producer Magazine 参照)

bounce.com には「『Amputechture』発売時には既に完成していた」と書かれているが、今年1月末に加入したトーマス(ドラム)がクレジットされていることから、原型となるデモがその時期からあったということだろう。

収録曲について

今のところ詳細はわかっていないが、昨年の日本公演でも披露した "Rapid Fire Tollbooth" が収録される予定。この曲のオリジナルは、先日リリースされたばかりのオマーのソロアルバム "Se Dice Bisonte, No Bufalo" に収録されているが、録音し直したものが今回のアルバムに収録されるとのこと。

また、3月12日のニュージーランド公演で初披露となった "Idle Tooth" も収録されるとの情報もある。

タイトルについて

直訳すると『ゴリアテの争乱』になるだろうか。ゴリアテとは、ウィキペディアによると「旧約聖書のサムエル記に登場するペリシテ人の巨人兵士」である。

スポンサーサイト
次の記事:ジョー・ラリー直筆セットリスト
ひとつ前の記事:お疲れ&気になるRHCPの話

この記事へのコメント

barong 2007-06-17 18:05:12 #- [編集]
今更なんですが、オマーソロが出る前に"Rapid Fire Tollbooth" が流出していてその音源(not ライブヴァージョン)を聞いたのですが、 "Se Dice Bisonte, No Bufalo" に収録されているヴァージョンとは違うものだったので僕が聞いたのはマーズのアルバムに収録予定のものだったのでしょうかね。
悔しくもその音源紛失してしまって....。持っていればよかったのですが...。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。