<Black Eyed Peas 解散!? | ヴィンセント・ギャロ主催ATPでの豪華なジャム映像>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:Black Eyed Peas 解散!?
ひとつ前の記事:ヴィンセント・ギャロ主催ATPでの豪華なジャム映像

P.Smith 主催フェスで J.Beck, Flea & John が共演

atp_vincent_gallo. gif

毎年一人選出されたアーティストがキュレイターを努め、2週間に渡って行われる英ロンドンのフェス"Meltdown"。2001年ロバート・ワイアット、2002年デヴィッド・ボウイ、2003年リー“スクラッチ”ペリーなどに続き、昨年にはモリッシーがキュレイターを務め、あのニューヨーク・ドールズを再結成させたことでも話題となった同フェスの今年のキュレイターに選ばれたのが、"Punk icon"として30年以上もリスペクトされている Patti Smith。彼女がセレクトしたアーティスト達が6月11日から26日までRoyal Festival Hall, Queen Elizabeth Hall などで様々なイベントを行う。

CDJournal.com Newsより抜粋・加筆

このBlogでも何度か取り上げた、同じイギリスのイベント "All Tomorrow's Parties" (ATP) も、選出されたキュレイターが集めたアーティスト達が繰り広げるフェスです。イギリスにはこんなフェスがいっぱいあっていいですねぇ。しかも名を連ねるアーティスト達がメジャー過ぎないのがいい。

さて記事タイトルの蒼々たるメンツ、ほんとに共演します。このフェスの最終日6月26日に Jimi Hendrix トリビュートライブを Flea & John Frusciante (Red Hot Chilli Peppers), Jeff Beck, Patti Smith and many more で行うとの事です。フェスの最終日ということで、この2週間の間に出演した他のアーティストも参加しての大ジミヘン祭りとなることも予想されます。

3大ギタリスト (こんな風に言ってるのは日本だけ) の一人と John が絡むのは貴重!他の二人がギタリストとして全盛期より陰りを見せているだけに、Jeff Beck と共演するこのステージはファンの興味をそそりそうだ。しかもジミヘン祭りだし言う事なしか。


"many more"にも入るかもしれない他の出演者はこちら↓

Tepid Peppermint Wonderland: A Retrospective The Brian Jonestown Massacre
⇒[Official Site]
おもいっきりブライアン・ジョーンズを冠したバンド名。音もサイケデリックな感じらしいです。詳細はこちらのブログで
Strangers [Bonus Track] Ed Harcourt
⇒[Official Site]
UKの人気パワーポップバンドSNUGの元ベーシスト。現在はシンガーソングライターとしてソロで活動中。Ben Folds好きにオススメ。
Blinking Lights and Other Revelations Eels
⇒[Official Site]
米国南部 Virginia 州出身のの"E"こと(マーク・オリヴァー・エヴェレット)を中心とする3人組。デビューのきっかけにもなった Dust Brothers の影響もあって Beck が引き合いにだされることも。
T?kitoi [Bonus DVD] Rachid Taha
⇒[Official Site]
The Clash のアラビックなカバーもやってのけたアルジェリア出身のパンク・ロッカー!左のアルバムには Femi Kuti やギャラクティックが参加していたり、Brian Eno と共同制作した曲もあるとか。顔が広いな。
Yoko Ono/Plastic Ono Band Yoko Ono
⇒[Official Site]
小野洋子さんです。なんと72歳(マジ!?)らしい。。当ブログにもちょくちょく登場し、こないだは妖しいダンスまで披露してくださいました。今回も絶対に何かやらかしてくれるはず!「War Is Over If You Want It」
*ちなみに息子ショーンはジョンの35歳の誕生日に生まれた。
So Far...The Best of Sin?ad O'Connor Sinead O'Connor
⇒[Official Site]
アメリカ国歌拒否、ローマ法皇写真破り捨てとかなりアナーキストな報道とスキンヘッドで有名な彼女。その力強い瞳の奥に潜む熱き魂を作品に取り入れようと、様々なアーティストから参加のオファーがある。そんなコラボレイトソングを集めたアルバムも近日発売。
Central Reservation Beth Orton
⇒[Official Site] [MP3]
左のアルバムが発売当時このジャケットを音楽雑誌でよく見かけたのを覚えています。「デジタル世代の歌姫」なんて聞きますがアコースティックな印象が強いです。
The Beekeeper [Bonus DVD] Tori Amos
⇒[Official Site]
あまり知りません。。詳しくはこちらのブログで。


もうちょっと続きがあるんですが、とりあえず一回Upします。

スポンサーサイト
次の記事:Black Eyed Peas 解散!?
ひとつ前の記事:ヴィンセント・ギャロ主催ATPでの豪華なジャム映像

この記事へのコメント

azzaro 2005-05-13 17:46:05 #- [編集]
ジェフベックとフルシアンテの共演なんて、すごいですね・・!
他のアーティストも好きな女性シンガーばかり。シンニードオコナーなんて久しぶり。ベスオートンも声がいい。見てみたいなあ。
fugazo 2005-05-13 18:20:06 #- [編集]
パティ・スミスが選んだだけあって、女性アーティストに特徴がありますね。

あと、まだ載せられてないんですが、他にもビックリなメンツが…。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。