<KoRn: テリー・ボジオが一時的に参加 | よいお年を!>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:KoRn: テリー・ボジオが一時的に参加
ひとつ前の記事:よいお年を!

JOY: 出会った途端別れを切り出された

あけましておめでとうございます。年明け早々変なタイトルで驚かれた方ごめんなさい。

2007年最初のエントリーはどんな内容にしようかとこの一週間悩んでいたんですが、今日とても衝撃を受ける出来事があったので、その話を少し。

JOYとの出会い

大阪は心斎橋に TIME BOMB RECORDS という GSL のリリース作品を入荷しているレコード屋さんがあって、オマーとダモ鈴木名義のEPがもうそろそろ発売される頃なので、出かけたついでに立ち寄った。

マーズ・ヴォルタ関連のレコードが置いてあるところを一通り見て、お目当てのEPが見つからなかったので、店員の方にいつ入荷するのか聞きにいき、1~2週間後位に入ってくる予定で、入荷したらHPに掲載しますと教えてもらった。

まだ時間もあったので試聴でもするかとブラブラしていたら、少し高めな声でシャウト気味に歌い上げるヴォーカルに、切れ味の鋭いギターが絡む好みの音楽が耳に入ってきた。全体的には At The Drive-In やマーズ・ヴォルタの初期の頃のような感じ。

何てバンドなのか気になったので、今流れているレコードがレジ横辺りに立てかけられていないか探してみたが見当たらず、また店員さんに尋ねに行った。

そのバンドは Joyジョイ)という日本のインディーズ・バンドだそうで、親切に今流れている曲が収録されているEPが置いてあるところまで案内して頂いた。

他にもリリース作品があるらしいのだが、生憎今は在庫がないとのことなので、とりあえずそのEPだけを購入して店を後にした。

出会ったその日にお別れ

帰宅し、購入したEPを再生しながらバンドのHPがないか検索しだしたが、一般的な単語なのでなかなか見つからない。EPのタイトルも『バンド・ウィズ・ジョイ』とこちらも一般的な単語ばかりで、上位には表示されなかったが、下の方にそれらしきサイトを発見。

JOY - INFOMATION BLOG

アクセスすると今日買ったEPがデカデカと表示されていた。間違いない。メンバーが書いているブログもあるらしいので、そちらも覗いてみた。

YOTABANASHI OF JOY

アクセスしてトップに表示されたエントリーのタイトルは「明けましておめでとうございます!」となっていた。しかし、エントリーの冒頭いきなり「僕達JOYは今月で解散します。」と書かれている。

「えっ!?」

思わずPCの前で声を出してしまった。購入してきたEPからは弾けんばかりにパッション溢れる音楽が流れてきている。とても解散を控えているようには思えない。

解散の理由

新年一発目の冗談でも書いてあるのかと読み進めていくが、そうではないようだ。

解散の理由の1つは単純にメンバー四人が集まる時間がもてなくなってしまったって事ですかね。TDKが昨年末から家庭の事情で新潟を離れたってのもあるんですけど、メンバー各々仕事やらなんやら忙しく、時間が作れなくなっているって状況が大きいです。

こんな格好良い音を出すのに勿体無いと思ったが、続けてもう一つ理由が書いてあった。

もう1つはこの四人でやれる事をやりきっちまった的なところがあって、このバンドを続けていく事に少し違和感を感じていたって事もありました。それはメンバー全員同じ気持ちで、解散する事に関しては全く後悔してないのです。メンバー間で仲違いしたとかも無いし、音楽性の違いなんてそもそも僕等は有って無いようなもんですから(笑)

確かに、こういう音楽はいつまでも奏で続けられる類の音楽ではないかもしれない。その時の感情をダイレクトに叩きつける、JOYの楽曲からはそのようなものを感じる。

最後だからって手を抜くなんて出来ないしモチベーションはバッキバッキあります!だから最後の最後まで新曲を作ってライブでやりたかったんです!それで出来たのが元旦に発売されたセカンドシングル「バンドウィズジョイ」で、このCDはジョイを始めて最初に出来た曲と一番最後に作った曲が入っているので是非聞いて欲しいです。

そうか、最後の最後まで曲を作り続けていたのか。それで枯れたような部分が一切なかった訳だ。しかし、今日この音源を聴いて気に入った自分の胸の高鳴りはどこにぶつければいいのか…。とにかく一度で良いからライブが観たい!

最後の勇姿

ライブの情報を探してサイトを色々見てみたら、今月3回のライブを行うとのこと。しかも、一つは京都で行うそうだ。これは絶対に行かなくては。

1/20(sat)@KYOTO WHOOPIES
[FLUID presents 僕の京都を壊して]
w/
FLUID
PANIC SMILE
YOLZ IN THE SKY

JOY - 2007 LIVE!LIVE!LIVE!

この次の日、21日のライブで解散。これからどんどん好きになっていけそうなバンドと出会ったのに、出会った日の日記で解散宣言をしていたとは…。

しかし、これも何かの縁。彼らの最後の勇姿を見届けてきたいと思う。

おかん座はまだまだやりまっせ

新年早々、バンド解散の話でしたが、出会いに別れは付き物。多少別れが早かっただけだと思うことにします。

おかん座は今年も更新し続けていくのでよろしくお願いします。

関連作品

バンドウィズジョイ<初回生産限定盤>
JOY
CDシングル (2007/01/01)
レーベル: MANGROVE Label

ジョイは危険予知。
JOY
CD (2005/04/20)
レーベル: MANGROVE Label
スポンサーサイト
次の記事:KoRn: テリー・ボジオが一時的に参加
ひとつ前の記事:よいお年を!

この記事へのコメント

&- 2007-01-08 17:29:06 #- [編集]
明けおめでございます!
今年もよろですー。東京飲み、楽しみにしてますよー。
って、これ悲しいしねーー!でも何だか「出会いの予感」もありそうな気配w。
後日談、楽しみにしてます。
fugazo 2007-01-10 00:49:24 #Pe0og0Jg [編集]
&-さん
明けおめことよろで~す。東京飲み(今年こそは!)の際もよろしくで~す。
>出会いの予感
このまま終わってしまうのは悲しいですよね。せっかく琴線に触れる音に巡り合えたのに。しかも日本で。
なかなか無いことだから大事にしたいです。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。