<ジェームス・ブラウンとマイケルとプリンスが共演 | スカー・ティッシュ/アンソニー・キーディス自伝>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:ジェームス・ブラウンとマイケルとプリンスが共演
ひとつ前の記事:スカー・ティッシュ/アンソニー・キーディス自伝

アンソニー自伝 ヨハンナ→クレアの謎について

scar_tissue.m.jpg

スカー・ティッシュ - アンソニー・キーディス自伝
アンソニー・キーディス (著)
単行本: 421ページ
発売日: 2006/12/20
Amazon, HMV, 楽天ブックスでも購入できます。

アンソニー・キーディス自伝スカー・ティッシュ』で、アンソニーの元カノ、ヨハンナ・ローガンが「クレア」と紹介されていることが、ファンサイト各所で話題になっていたのですが、謎が解けたようです。

acha-oohさんのブログで紹介されていた内容によると、スカー・ティッシュ』の英語版の初版で 'Yohanna Logan' と表記されているところが、最近の版で 'Claire Essex' に変更されているようです。

おそらくヨハンナ(クレア)側から訂正の申し入れがあり、最近の版では直されているのではないかと。翻訳は最新版を元にしていると思われますので、このような記述になっていると思われます。

mine-D's SPICE! The Red Hot Chili Peppers Fansite News ヨハンナ→クレアの表記について

「ヨハンナはドラッグ問題を抱えていた」といった内容も掲載されているようなので、あまり公にしないで欲しいということからではと。

関連書籍

クロスビート・ファイル (Vol.6) (単行本)

クロスビート・ファイル (Vol.6) (単行本)
各メンバーの出会い、今までメンバーに起こった様々な出来事、インタビューなどを掲載。

Scar Tissue (ハードカバー)

Scar Tissue (ハードカバー)
Anthony Kiedis (著), Larry Sloman (著)
ハードカバー: 465ページ
出版社: Hyperion Books (2004/10)
スカー・ティッシュ』の原著。日本版よりページ数が多い。

関連記事

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:ジェームス・ブラウンとマイケルとプリンスが共演
ひとつ前の記事:スカー・ティッシュ/アンソニー・キーディス自伝

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。