<Mars Volta 大阪公演に行ってきた | POPPIN BOOKS: 手書きPOP作成ツール>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:Mars Volta 大阪公演に行ってきた
ひとつ前の記事:POPPIN BOOKS: 手書きPOP作成ツール

私家版 Scar Tissue に削除依頼

アンソニー・キーディスの自伝 Scar Tissue の私的翻訳を公開していたnaocognacさんのブログ『私家版 Scar Tissue』にシンコーミュージックから削除依頼がきたそうです。(mine-D's SPICE!より)

シンコーミュージックの訴えによると、同書の翻訳出版権を2006年4月28日付に得ており、発売前の段階で不特定多数の読者の目に翻訳文が公開されてしまうことで、同権 に著しい不利益が生じてしまうとのこと。

まぁ訴えはごもっともなんですが、問題はmine-Dさんも書かれているように、日本でも大人気のバンドのフロントマンの自伝の翻訳を2年間もほったらかしにしていたことにあると思います。

会社的には「次のアルバムのリリースに合わせて」なんて考えていたのかもしれないですが、ファンとしては一日も早く読みたかったわけで、そこらへんの温度差が如実に表れた結果だと思います。

ちなみに、日本版 Scar Tissue の発売は「*月を予定しています」と書かれていたので一応決まっているんですね。

[追記] 翻訳本の発売日決定

翻訳本の発売日がシンコーミュージックより正式に発表されました。詳しくは下のエントリーで。

Scar Tissue (ハードカバー)

Scar Tissue (ハードカバー)

Anthony Kiedis (著)
人生の半分をアルコールかドラッグとともに過ごしたミュージシャン、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのリードボーカリスト、キーディスが、自らの人生について驚くほど詳細に語った。(Publishers Weekly)
スポンサーサイト
次の記事:Mars Volta 大阪公演に行ってきた
ひとつ前の記事:POPPIN BOOKS: 手書きPOP作成ツール

この記事へのコメント

mine-D 2006-11-18 02:45:42 #- [編集]
どーもッス。

http://www.mine-d.com/news/archives/2004/09/scar_tissue_1.html
シンコーミュージックに対しては2年前の9月からサイトを通じて要望を伝えていた訳なんですが、それをずーっとシカトしてたくせに何をいまさら…という印象ですね、おれとしては。
fugazo 2006-11-18 19:56:22 #Pe0og0Jg [編集]
mine-Dさん

ど~もです♪

>何をいまさら…

僕なんか「もう出ないんじゃない?」とまで思っていましたからね。naocognacさんのところでゆっくり読ませてもらおうと思っていたらこれですよ…。
naocognac 2006-12-06 12:01:04 #XtpRPBkU [編集]
今月発売ですよー。

http://www.shinko-music.co.jp/main/Guide.do?page=new_products_200612

↑下の方までスクロールして見て下さい。
fugazo 2006-12-06 12:57:40 #Pe0og0Jg [編集]
naocognacさん

ありがとうございます。早速新しいエントリーで書いておきました。
ファンも納得の1冊になっていると良いですね。
またnaocognacさんの翻訳が何かの形で読めるのを楽しみにしています。
書かれるときは是非ご連絡下さい。
ミンミン 2006-12-08 01:21:33 #- [編集]
はじめまして。突然のコメント失礼いたします。
わたし、私家版Scar Tissueのファンで、naocognacさんの翻訳版が本当に本当に大好きでした。
1ヶ月ぶりに読ませていただこうとページに行ったら読めなくなってしまっていて、事情も知らなかったのでショックを受けていました。
...そんな事になっていたのですね。
今、ここで、naocongnacさんのコメントを拝見でき、涙がでそうです。

今後、naocongnacさんのSucar Tissueを読む事の出来る日がきたら是非是非私にも知らせていただきたいです!
初めてのコメントで厚かましいことを申し訳ないですが、私には他にnaocongnacとのつながりを見つける方法がわからないのです。
もし、ご理解いただけましたら、よろしくお願いいたします!

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。