<スピッティング・フェザーズ/トム・ヨーク | トムヨーク: NEWS23の次はPOP JAM [続報]>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:スピッティング・フェザーズ/トム・ヨーク
ひとつ前の記事:トムヨーク: NEWS23の次はPOP JAM [続報]

Music For The Devineは輸入盤がお得? [フルシアンテ参加]

Music for the Divine
発売日2006/6/9
ジャンルロック
ファンク
レーベルFrontiers

6月にリリースされた Glenn Hughesグレン・ヒューズ)のニュー・アルバム "Music For The Devine" のことを調べていて、もしかしたら輸入盤の方がお得じゃないか?と思ったことがありました。

このアルバムは、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのチャド・スミスとジョン・フルシアンテが参加しているということで購入しようかなと思っていたものなんですが、いざ買おうと思って国内盤と輸入盤の違いを調べていたら意外な事実が判明しました。

その意外な事実というのは「収録曲が違う」ということなんです。それだけならボーナス・トラックなどの関係でよくあることなんですが、国内盤にはレッチリ・ファンには重要な曲が収録されていないんです。下に国内盤と輸入盤の収録曲を表にしてみるんで比較してみてください。

No. 国内盤 輸入盤
1 ザ・ヴァリアント・ディナイアル Valiant Denial
2 ステッピン・オン Steppin' On
3 モンキー・マン Monkey Man
4 ディス・ハウス This House
5 ユー・ガット・ソウル You Got Soul
6 フレイル Frail
7 ブラック・ライト Black Light
8 トゥー・ハイ Nights in White Satin
9 ディス・イズ・ハウ・アイ・フィール Too High
10 ザ・ディヴァイン This Is How I Feel
11 ザ・ライティング・セッション・オブ・ディス・ハウス Divine

8曲目から違うことがわかりますね。でも曲数は一緒。これは国内盤の最後の曲がボーナス・トラックなので、+-ゼロになっているんです。

で、この輸入盤の8曲目にあって国内盤に収録されていない 'Nights in White Satin' という曲は、ムーディー・ブルースの名曲(邦題:サテンの夜)をチャドとジョンと一緒にカバーしたもので、以前に映画『ステルス』のサントラに収録され話題になりました。

なんでこんな事になっているかというと、『ステルス』のサントラがソニーから出ていて、『ミュージック・フォー・ザ・ディヴァイン』の国内盤がヤマハから出ていると…。まぁそういうことです。

という訳で、レッチリ・ファンでこのアルバムを購入する人には輸入盤をオススメします。(『ステルス』を買った人は国内盤がお得)

取り扱い店

Amazon.co.jp

国内盤 | 輸入盤

@TOWER.JP

国内盤 | 輸入盤

HMV 楽天市場 楽天ブックス でも購入できます。

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:スピッティング・フェザーズ/トム・ヨーク
ひとつ前の記事:トムヨーク: NEWS23の次はPOP JAM [続報]

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。