<De-Loused in the Comatorium が格安で再発 | Mars Volta: HPもアンピュテクチャー仕様に>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:De-Loused in the Comatorium が格安で再発
ひとつ前の記事:Mars Volta: HPもアンピュテクチャー仕様に

アンピュテクチャーの終わり方は意図したもの [確定]

昨日「アンピュテクチャーの最後の曲は初期不良っぽくない?」で書いたように、『アンピュテクチャー』の最後の曲は途中で電源がブツっっと切れたような終わり方をします。

あまりの不自然さにCDの初期不良なんじゃないかと疑ったんですが、昨晩 mixi のマーズ・ヴォルタ・コミュニティーで有力な情報を得ることができました。

答えてくれた方曰く、発売前にリークした音源も[8:50]のところでブツリと音が切れて、その後[8:59]まで無音だったということです。この「[8:50]から[8:59]まで無音だった」というのは、バンドが意図したものだという有力な情報にならないでしょうか?

昨日購入した国内盤(ASIN:B000GALEZ4)は[8:50]でCD自体も止まってしまうので、Webからの情報で知っていた[8:59]というタイムと違っていて初期不良臭いなぁと思っていましたが、この情報を聞いて意図的なものかも、と確信に近いものを得ました。

しかし、それがわかったら益々あの終わり方が謎に思えてきます。どういう意図なのか。何を表現しようとしているのか。

雑誌のインタビュアーさん、是非そこのとこ突っ込んで頂けるとありがたいです。期待してます。

ユニバーサルから回答を頂きました

その後、販売元であるユニバーサルより「『アンピュテクチャー』の終わり方は「Cut Out」という手法を使っており、アーティストの意図によるものです」との回答を頂きました。

アンピュテクチャー

アンピュテクチャー
マーズ・ヴォルタ (2006/8/30)
マーズ・ヴォルタ通算3枚目のアルバム。レッド・ホット・チリ・ペッパーズのジョン・フルシアンテが全面参加。元ドラマー、ジョン・セオドアとの最後の記録。

関連記事

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:De-Loused in the Comatorium が格安で再発
ひとつ前の記事:Mars Volta: HPもアンピュテクチャー仕様に

この記事へのコメント

Blackcat 2006-08-30 22:05:52 #- [編集]
いつも見させていただいてます。
オマーが切断みたいなのがテーマってインタビューでいってたから最後の終わり方もそういう意図ではないでしょうか?
fugazo 2006-08-30 23:45:03 #Pe0og0Jg [編集]
>Blackcatさん

自分もロキノンのインタビューを読み返してそう思いました。
あと、セオドアをクビにしたのもこのタイトルに表れているのかな?とか思いました。
plastiktuete 2006-08-31 04:26:54 #- [編集]
続々と更新される記事にドキドキしてしまいました。
うー、早く聴きたい!
fugazo 2006-08-31 11:31:19 #Pe0og0Jg [編集]
>plastiktueteさん

あぁ~、、すみません。。
一足お先に盛り上がっちゃってます(笑)
そちらで聴けるまでにはまだ1週間以上ありますね…
でも、そのドキドキに応えるだけの作品になってますよ。楽しみに、あと少しだけ待っててください。
nori 2006-09-01 16:25:56 #- [編集]
こんにちわ、ぼくはあの切れ方
ただ単にCDに入りきらなかっただけの気がします で、エンジニアかなんかと
「オマーこれ入りきらないよー、どうするー?」
「えー また作り直すのめんどくさー いいよ ぶつ切りにして アルバムタイトル「ぶつ切り」にするから」
「それはないよー、せめてさー、、」
「あ、じゃ 切断にするよ!」
「いいね!意味ありげにね!」

いや、めっちゃ素晴らしいアルバムなんですけどね、ええ、つまらないこと書いてすいません。
fugazo 2006-09-04 17:48:04 #Pe0og0Jg [編集]
>noriさん

このコメントを出先で見て友達と爆笑させてもらいました。ナイスコメントありがとうございます。
タイトルがそういう後付けで適当な感じだったら笑えますね。

またナイスコメント期待してます。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。