<ジョン・セオドアは非協力的だからクビにされた | ラプチャーの新曲を5曲試聴できる [おまけ付]>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:ジョン・セオドアは非協力的だからクビにされた
ひとつ前の記事:ラプチャーの新曲を5曲試聴できる [おまけ付]

元SPEEDの hiro がレッチリ「バイ・ザ・ウェイ」をカバー

Coco d’Or2(DVD付)

発売日: 2006/7/26

昨日、読者の方からのタレこみ情報で知ったのですが、Coco d'Or こと元SPEEDhiroレッド・ホット・チリ・ペッパーズの曲「バイ・ザ・ウェイ」をカバーしています。

Coco d'Orhiro によるJAZZプロジェクトだそうで、有名プロデューサーやミュージシャンとのコラボが特徴のようです。

2004年に第1弾アルバム『Coco d'Or』をリリース。ジャズ・アルバムとして記録的なセールスを残し、好評第2弾ということで先月『Coco d'Or 2』がリリースされました。その4曲目にレッチリの「バイ・ザ・ウェイ」カバーが収録されています。プロデューサーは Fantastic Plastic Machine こと田中知之。

楽曲は Coco d'Or のオフィシャル・サイトで30秒だけ試聴できます。

「バイ・ザ・ウェイ」はレッチリの2002年リリースのアルバム『バイ・ザ・ウェイ』に収録されています。今年の5月には新作『ステイディアム・アーケイディアム』のリリースに合わせて紙ジャケバージョンも発売されました。

バイ・ザ・ウェイ(紙ジャケットCD)

バイ・ザ・ウェイ(紙ジャケットCD) / By The Way
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (Red Hot Chili Peppers)
ワーナーミュージック・ジャパン (2006/5/10)

 全世界で1300万枚を売り上げた前作『カリフォルニケイション』に続く、全米最強のヘヴィロックバンド、レッド・ホット・チリ・ペッパーズの8thアルバム。
 穏やかなサウンドとともにスタートし、テンポのいいロックチューンへと展開するファーストカット<1>、優しいタッチのミディアムロック <2>、ラテン風サウンドが軽やかな<11>、ホーンも取り入れたハデハデのスカコア風<13>、軽快なロックナンバー<14>と、多彩な音楽性を披露する画期的なラインナップを収録。新たなファン層にもアプローチできる最高傑作だ。(Amazon.co.jp)

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:ジョン・セオドアは非協力的だからクビにされた
ひとつ前の記事:ラプチャーの新曲を5曲試聴できる [おまけ付]

この記事へのコメント

tomo 2006-08-19 17:14:56 #JgAzp.yQ [編集]
BY THE WAYならオセロ松嶋のkillersとかいうバンドもカバーしてました。
fugazo 2006-08-19 21:28:55 #Pe0og0Jg [編集]
>tomoさん

調べてきました。
デビュー・ライブの一曲目だったみたいですね。アルバムにも収録されるんだろうか?
ちょっと聴きたい。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。