<[Video] The Raconteurs - Steady As She Goes [追記] | [MP3] Radiohead Live In Boston, June 5, 2006>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:[Video] The Raconteurs - Steady As She Goes [追記]
ひとつ前の記事:[MP3] Radiohead Live In Boston, June 5, 2006

ブライアン・イーノが野外フェスに出演

Another Day On Earth
Another Day On Earth
ブライアン・イーノ
CD (2005/7/9)
ブライアン・イーノが1977年作の『ビフォー・アンド・アフター・サイエンス』以来、約28年ぶりのヴォーカル・アルバムをリリース!さまざまな顔をもちながら、特に音楽シーンに多大な影響をもたらしてきた偉大なアーティスト、イーノが辿り着いた本作は…
Amazon.co.jpで詳細を見る

ロキシー・ミュージックでの活動や U2, トーキング・ヘッズなどのプロデュースでも有名なブライアン・イーノ(Brian Eno)が、イギリスのワイト島で行われる野外ダンス・フェスティバル Bestival に出演することが発表された。

イーノはこのフェスティバルで Stop the War Coalition という長年サポートしている反戦運動をアピールする予定。

同フェスティバルは9月8-10日に開催され、ヘッドライナーはペット・ショップ・ボーイズとシザー・シスターズが務める。

海外のフェスティバルですが、YouTube などにアップされないか、忘れずにチェックしたいところ。最近のニュースでは、今秋リリース予定のロキシー・ミュージックの新作に「新曲2曲を提供した」とコメントしたと書かれていたのでそちらも気になりますね。

先日にはポール・サイモンとイーノの共同プロデュースで制作されたサイモンの新作『サプライズ』がリリースされたばかり。まだまだ第一線で活躍し続ける彼から目が離せません。

関連作品

サプライズ

サプライズ
ポール・サイモン
CD (2006/05/24)
ワーナーミュージック・ジャパン

国内盤 | 輸入盤

ギタリストにビル・フリゼール、ドラマーにスティーヴ・ガッド、ピアニストにハービー・ハンコックと、現代最高のセッション・ミュージシャンを迎えて制作

My Life in the Bush of Ghosts [Enhanced] [Original recording remastered] [from US]

My Life in the Bush of Ghosts [Enhanced] [Original recording remastered] [from US]
Brian Eno
CD (2006/04/04)
Nonesuch

1981年に発表された、ブライアン・イーノとトーキング・ヘッズのデヴィッド・バーンによるコラボレーション・アルバムが発売から25周年を迎えたことを記念して、新たにボーナス・トラックを追加したリマスター盤として復刻

The Equatorial Stars [from US]

The Equatorial Stars [from US]
Fripp & Eno
CD (2005/04/05)
Opal

ブライアン・イーノとロバート・フリップという巨匠2人によるユニットが、30年ぶりとなるニュー・アルバムを発表。全曲2人の書き下ろしによる楽曲。30年という歳月を感じさせない傑作!

同じ話題リンク

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:[Video] The Raconteurs - Steady As She Goes [追記]
ひとつ前の記事:[MP3] Radiohead Live In Boston, June 5, 2006

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。