<『コーチェラ』DVDにレッチリ、ヴォルタ、レディオヘッド他出演 | ブライアン・イーノが野外フェスに出演>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:『コーチェラ』DVDにレッチリ、ヴォルタ、レディオヘッド他出演
ひとつ前の記事:ブライアン・イーノが野外フェスに出演

[Video] The Raconteurs - Steady As She Goes [追記]

初掲載:2006-03-16 13:39
ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ
ブロークン・ボーイ・ソルジャーズ
ザ・ラカンターズ
CD (2006/5/10)
昔から友人関係にあった彼らが作り上げたサウンドは泣きの入った即効性の高いメロディアス・サウンド。
国内盤 | 輸入盤

The White StripesJack White と、その親友 Brendan Benson が始めたバンド The Raconteurs が5/16にリリースするデビュー・アルバム “Broken Boy Soldiers” から、先行シングル ‘Steady As She Goes’ のミュージック・ビデオ。

[Video] The Raconteurs - Steady As She Goes (via cliptip)

イントロ、Aメロのリズムがすっごくストライプス節。サビはなんとなくママス&パパスを思い出した(笑)

追記

06/06/15 00:35:59

内容のまったく違うヴァージョンの PV が発表されたようです。第一印象は実写版『マリオカート』でした(笑)

元のビデオはジム・ジャームッシュ(Jim Jarmusch)が監督を務めているんですが、これもそうなんでしょうか?このヴァージョンも面白くて好きです。

URL: http://www.youtube.com/watch?v=zxbjkDG9VvU

これを見ていて思ったんですが、マリオカートってハリウッドで実写映画化したらウケそうな気がします。色んなパターンのコースがありますが、特徴的なコースをピックアップして一つの長いコースにしてパリ~ダカール・ラリーのような感じで。まぁ、そういう映画だと『キャノンボール』って偉大なる先人がいるわけですが…。

あ、そうそう。前に書き忘れていたことがあるのでこの機会に合わせて書いておきます。

このバンドの「ジャックとブレンダン以外の二人は誰なの?」と気になっている人いませんか?V2レコーズのメンバー紹介ページにも書いてあるので調べればすぐわかるんですが、彼らはザ・グリーンホーンズ(The Greenhornes)というオハイオ出身のガレージ・ロック・バンドのメンバーで、ベース&メガネ&ジャック(・ホワイト)と髪型被ってるのがジャック・ローレンス(Jack Lawrence)、二本目のビデオで崖から落ちていくのがドラムのパトリック・キーラー(Patrick Keeler)です。

なので、ラカンターズはグリーンホーンズ色が濃いわけです。ラカンターズの音が気に入ったら彼らのアルバムを聴いてみるのもいいかも知れませんね。

関連作品

Sewed Soles [from US]

Sewed Soles [from US]
The Greenhornes
CD (2005/11/29)
V2
国内盤 | 輸入盤

オハイオ出身のガレージ・ロック・バンドでジム・ジャームッシュの新作にも彼らの曲が使われている。そんな彼らがこれまで発表した4枚のアルバムやシングルの中からコンパイルしたベスト・アルバム。(「CDジャーナル」データベースより)

ゲット・ビハインド・ミー・サタン(DVD付)

ゲット・ビハインド・ミー・サタン(DVD付)
ザ・ホワイト・ストライプス
CD (2005/12/21)
コロムビアミュージックエンタテインメント
国内盤 | 輸入盤

前作『ELEPHANT』がグラミーにて最優秀オルタナティブ・アルバム&ロック・ソングの2部門を受賞。そんな彼らの5作目となるアルバム。前作以上に破壊力と衝撃を持ち合わせた内容になっている。(「CDジャーナル」データベースより)

オルタナティヴ・トゥ・ラヴ

オルタナティヴ・トゥ・ラヴ
ブレンダン・ベンソン
CD (2005/3/9)
V2レコーズジャパン/コロムビアミュージックエンタテインメント
国内盤 | 輸入盤

デトロイトで地に足をつけた活動を続ける、遅咲きの才人によるサード・アルバム。独自のポップ感覚は、ベンソンならではのもの。ビートルズなどのビッグ・ネームと比較されてしまうのも頷ける。新鮮なのにどこか懐かしさを感じさせるサウンドがたまらない。(「CDジャーナル」データベースより)

関連記事

同じ話題リンク

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:『コーチェラ』DVDにレッチリ、ヴォルタ、レディオヘッド他出演
ひとつ前の記事:ブライアン・イーノが野外フェスに出演

この記事へのコメント

&- 2006-03-16 20:49:17 #- [編集]
ほー。地味に「ALTERNATIVE TO LOVE」は愛聴盤っす。
良さげですなー。
fugazo@大正おかん座 2006-03-16 21:00:38 #- [編集]
バンド・サウンドが好きなんで、もしかしたらストライプスより好みかもです。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。