<デス・キャブ、ショート・フィルムの続報 | レディオヘッド、1988年のデモ音源>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:デス・キャブ、ショート・フィルムの続報
ひとつ前の記事:レディオヘッド、1988年のデモ音源

2006年、初買いアルバムはストロークス

あけましておめでとうございます。旧年中は特別なお引き立てを頂きありがとうございました。本年も『大正おかん座』をよろしくお願いします。


お久しぶりです。暴飲暴食の日々を過ごし、例年のようにぷっくぷくになってしまったおかん座管理人です。

さて、昨日は多くのところが 初売り で混雑していたみたいですが、自分もその混雑の中に混じってザ・ストロークス(The Strokes)の『First Impressions Of Earth』を買ってきました。

2006年の初買い

缶バッジには興味がなかったので、デジパックでジャケット変更可能な限定輸入盤を購入しました。

First Impressions Of Earth 3 First Impressions Of Earth 4

(六個のジャケットから好きなのを選択)

First Impressions Of Earth 5

(ジュリアンのだとこんな感じ)

ブックレットは下ように見開きの絵で一曲ずつ表現されています。

First Impressions Of Earth 6 First Impressions Of Earth 7 First Impressions Of Earth 8 First Impressions Of Earth 9

帰ってきてから「輸入盤って CCCD だったんじゃ…」と思い出して確認してみたら、Amazon.co.jp には [Content/Copy-Protected CD] という表記があるんですが、HMV.co.jp@TOWER.JP にはコピーコントロールの表記がありませんでした。

買ってきたアルバムにも何もそういう表記がないので大丈夫だと思います。あと Mac は CCCD を挿入すると特別な表示がされるのですが、それもなかったので普通の "COMPACT DISC" ではないかと。

アルバムの感想についてはまたゆっくり書けたらと思っています。

作品紹介

B000BV7TH0ファースト・インプレッションズ・オブ・アース
ザ・ストロークス

Buy Album: Amazon - HMV

by G-Tools
B000BWI9U0First Impressions of Earth
The Strokes

Buy Album: Amazon - HMV

by G-Tools

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:デス・キャブ、ショート・フィルムの続報
ひとつ前の記事:レディオヘッド、1988年のデモ音源

この記事へのコメント

knock 2006-01-03 21:10:42 #vacXBYjo [編集]
BATTLESの情報と一緒にSTROKESのライブ音源(streamingだけど)も発掘したので、よければ寄ってみてください!
fugazo@大正おかん座 2006-01-04 21:06:43 #- [編集]
>knockさん
聴かせてもらいました。ありがとうございます。
あーチャソ 2006-01-05 21:37:44 #- [編集]
fugazoさん明けましておめでとうございます。
イギリスから来ている英語の先生にストロークスを最近教えてもらいました。
それ以来ちょこちょこと聴いたんですが、好きになりました。
最近出たシングルもラジオで聴きましたvv
アルバム今度買う予定です。
また遊びに来ますので、
今年もよろしくお願いいたします。
fugazo@大正おかん座 2006-01-05 22:05:01 #- [編集]
>あーチャソさん
どうも。お久しぶりです。
あけましておめでとうございます。

>>英語の先生
前にazzaroさんのブログに書いてありました。
確か僕と同い年くらいの方でUKの音楽(自分の国だし当然ですね 笑)が好きな先生。

>> ストロークス
彼らのは1stが一番オススメです。レンタルでも置いてあると思うので、それを聴いてみて良ければこのアルバムも気に入ると思います。

またいつでもコメントして下さいね。(怪我には気をつけて)

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。