<[速読] 音楽ニュース 2005-11-23 | レッチリ、新作のタイトルは『Stadium Arcadium』>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:[速読] 音楽ニュース 2005-11-23
ひとつ前の記事:レッチリ、新作のタイトルは『Stadium Arcadium』

ブライアン・ジョーンズの死を描いた映画のサントラ

Stoned

ブライアン・ジョーンズは殺された!?』で紹介した映画『Stoned』のサントラが11月28日に発売されます。収録アーティストにはスモール・フェイセズジェファーソン・エアプレインロバート・ジョンソンなどに混じり、若手の22-20sの名前まで。

トラックリストを見ても「知らないアーティストばっかりだ」と思った人のために収録アーティストをいくつか紹介しておきます。(試聴付き)

スモール・フェイセズ (The Small Faces)

収録曲: "Lazy Sunday" (試聴 »)

後に、ロン・ウッド(gt/ストーンズ)とロッド・スチュアートが在籍していたフェイセズと、ヴォーカルのスティーヴ・マリオットによるハンブル・パイに分裂することになる音楽史において重要なモッズ・バンド。スティーヴは脱退後、同じくストーンズを脱退したブライアン・ジョーンズを加えて新バンドを結成するつもりだったが、ブライアンの急死により実現しなかった。ストーンズととても縁の深いバンド。

photo
Ogden's Nut Gone Flake
[from US (特別盤)] [from US]
"Lazy Sunday" 収録。ビートルズの『サージェント・ペパーズ』の流れを受けて、多くのバンドが「コンセプト・アルバム」をリリースしたが、これもその内の一つ。煙草の缶を模した円形ジャケットが話題に。

ジェファーソン・エアプレイン (Jefferson Airplane)

収録曲: "White Rabbit" (試聴 »)

ストーンズの少しあとにデビューし、グレイトフル・デッドと人気を二分したアメリカ・ウエストコーストの代表的なサイケデリック・ロック・バンド。今回収録された "White Rabbit" は代表作『Surrealistic Pillow』からシングル・カットされ大ヒットした曲。

photo
Surrealistic Pillow
[from US (リマスター)] [日本盤]
ジェファーソンといえば,まずこれという作品。つまり米国西海岸産サイケデリック・ロックの代表作ということ。基本型はブルース・ロック… [more] (「CDジャーナル」データベースより)

ロバート・ジョンソン (Robert Johnson)

収録曲: "Stop Breakin' Down Blues"

ストーンズクラプトンツェッペリンなど、多くのミュージシャンに多大なる影響を与えた伝説のブルーズ・ミュージシャン。その驚異的な才能は「悪魔に魂を売って手に入れた」とまで言われたほど。

photo
The Complete Recordings (試聴 »)
[日本盤] [from US]
伝説のブルース・マン、ロバート・ジョンソンの、タイトル通り完璧な作品集。その短い生涯に録音された全29曲(41テイク)をすべて収録。(「CDジャーナル」データベースより)

ザ・ビーズ (The Bees)

収録曲: "Stop Breaking Down" "The Last Time" "Not Fade Away" "Time Is On My Side"

ジミー・ヘンドリックスのライブなどで有名なワイト島出身の6人組ルーツ・ロック・バンド。ストーンズも演奏していたロバート・ジョンソンの "Stop Breaking Down" などを聴かせてくれます。18曲中最多タイの4曲が収録。2004年にはフジロックにも出演。

photo
Free the Bees (試聴 »)
[日本盤 (CCCD)] [from UK] [from US]
1960年代のサイケデリック・トリップとモダンなギター・ポップ、そしてジャマイカン・ミュージックなどが混然一体となった… [more] (Amazon.co.jpより)

作品紹介

photo
Stoned [Soundtrack]
Various
Milan (2005/11/28)

トラックリスト

  1. The Counterfeit Stones - Little Red Rooster
  2. The Bees - Stop Breaking Down
  3. The Small Faces - Lazy Sunday
  4. Jefferson Airplane - White Rabbit
  5. Traffic - Paper Sun
  6. 22-20s - Devil In Me
  7. Haley Glennie-Smith - Love In Vain
  8. David Arnold - Brian's Joint
  9. Kula Shaker - Ballad Of A Thin Man
  10. David Arnold - Out Of Control
  11. Haley Glennie-Smith - Come On In My Kitchen
  12. The Bees - The Last Time
  13. David Arnold - Pool Fight
  14. Paul Butler and Little Barrie - Love in Vain
  15. David Arnold - Angel-Devil
  16. The Bees - Not Fade Away
  17. The Bees - Time Is On My Side
  18. Robert Johnson - Stop Breakin' Down Blues

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:[速読] 音楽ニュース 2005-11-23
ひとつ前の記事:レッチリ、新作のタイトルは『Stadium Arcadium』

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。