<プレフューズ73がマーズ・ヴォルタをリミックス!? | 英音楽誌[NME]選曲のコンピ盤リリース>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:プレフューズ73がマーズ・ヴォルタをリミックス!?
ひとつ前の記事:英音楽誌[NME]選曲のコンピ盤リリース

元マンサンのフロントマンがソロ活動を開始

Little Kix

マンサンのフロントマン、ポール・ドレイパー自身のサイトでソロ・アルバムを制作中であると明らかにした。

書き込まれたメッセージによると、いまのところ7曲が完成していて、その他制作中のデモが大量にあるとのこと。これはソロ・アルバムのためのもので、数ヶ月以内に詳細が発表できると思うと伝えている。

また、嬉しいことに元メンバーのドミニク・チャド(Gt)がレコーディングに参加し、ドラムを含めた色んな楽器を演奏しているそうだ。

現在、ポールParlophoneのスタッフと来春発売予定のマンサンのベスト・アルバムのために、膨大な数のテープの整理に忙しいようだ。このアルバムの限定盤にはDVDが付き、それには全PVとおまけ映像が収録される予定。

さらに、元スカンク・アナンシーの女性ヴォーカリスト、スキン(←坊主頭が記憶にあるはず)の新しいアルバム『Fake Chemical State』の制作にも参加していたそうだ。そのうちの1曲 "Alone In My Room" は解散後の初仕事で、スキンと共同プロデュースし作曲も手掛けている。この曲のPVはスキンのサイトで見ることができる。

その他詳しいことはマンサンのファンサイト、Mansun Desperate Iconsに書かれています。

作品紹介

photo
クレプタメイニア
2003年5月に解散を発表したマンサンの、幻の4thアルバム。ディスク2と3にデモやライブ・バージョンなどのレア・トラックスを収録した3枚組でリリース。
photo
SIX
1998年リリースの2ndアルバム。マンサンの代表作でもある。
photo
Stoosh
Skunk Anansie
2001年に解散したスカンク・アナンシーの2ndアルバム。
スポンサーサイト
次の記事:プレフューズ73がマーズ・ヴォルタをリミックス!?
ひとつ前の記事:英音楽誌[NME]選曲のコンピ盤リリース

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。