<ザ・ルーツ、ベストアルバムの収録曲について | マーズ・ヴォルタ、ライブ盤が今日発売!>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:ザ・ルーツ、ベストアルバムの収録曲について
ひとつ前の記事:マーズ・ヴォルタ、ライブ盤が今日発売!

SONY BMGのコピー防止CDに「rootkit」問題

先週、音楽業界やセキュリティー関連業界の間で結構騒がれていたみたいです。気になって色々ニュース読んでみたんでまとめておきます。特にWindowsマシンを使っている方で知らない人は一度目を通しておいたほうがいいかもしれません。

まず事の発端は、セキュリティ企業F-Secureブログが「SONY BMGのコピーコントロールCDに、マルウェアrootkitに類したソフトが含まれている」と指摘したことから始まる。

SONY BMGのコピー防止CDがrootkitを組み込む(ITmedia)

  • 2005年3月からこのコピー防止技術を米国で販売されているオーディオCDの一部に採用
  • CDをWindowsマシンに挿入すると、ライセンス同意書が表示され、音楽プレーヤーがインストールされると書かれているが、実はrootkitがインストールされることになる
  • 直接このrootkitをアンインストールする方法はない
  • ウイルスなどの悪質なソフトウェアがこのrootkitを悪用して隠れることが可能
  • 最新のウイルス対抗ソフトでも探知できない可能性あり
  • 削除するとCDドライブへのアクセスができなくなる不具合が生じる

ソニーBMG、問題のコピー防止機能付きCD向けにパッチ配布へ(CNET Japan)

  • SONY BMGは、悪質なソフトウェアの隠れ蓑に使われないように「同コピー防止ソフトウェアの存在を隠せなくするパッチ」をリリース
  • しかし、問題のコピー防止用ソフト自体は取り除かれず、存在が確認できるようになるだけ
  • ソフト全体を削除したいユーザーは、同社のカスタマーサポートに連絡して方法を直接聞かないといけない

SONY BMGのコピー防止CD問題に新たな指摘(IDG Japan)

  • SONY BMGがリリースしたパッチは、一部のコンピュータをクラッシュさせるかもしれない
  • さらに、問題のコピー防止用ソフトがスパイウェアの役割もしているのではとの指摘も

SONY BMGのrootkit的手法、集団訴訟の可能性(インターネットコム)

  • SONY BMGが消費者のコンピュータに秘密裏にソフトウェアを侵入させていることに対する刑事告発を求める文書を当局に提出
  • 同社が用意した同意書には、正確に何がインストールされるのかという記述が省かれている

で、結局F-Secureで問題のルートキットを削除するサービスパックをインストールすればいいみたいなんですが、こんな話を聞くとこれも信用できるのか?とか思ってしまいましたが…。

SONY BMGのCDだけなんでしょうか?ソニー・ミュージックエンタテインメントのCDは安全なんでしょうか?他にもソニー関連のCDは山のようにありますが、それら全部に不安が…。Amazonで「Sony」や「ソニー」で検索すると、きっとみんなの家にもあるCDがヒットするのでは。

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:ザ・ルーツ、ベストアルバムの収録曲について
ひとつ前の記事:マーズ・ヴォルタ、ライブ盤が今日発売!

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。