<[VIDEO] 最強バンド発見 | [System] ‘Hypnotize’ 先行試聴開始 [Down]>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:[VIDEO] 最強バンド発見
ひとつ前の記事:[System] ‘Hypnotize’ 先行試聴開始 [Down]

[レビュー] HARD-Fi: STARS OF CCTV

photo

前回のリリース・ラッシュあたりの時に発売されたアルバムでもう話題の波には乗り遅れてるけど、今日やっと拝聴させていただきました。

リリースのころにsnoozerで田中宗一郎さんがべた褒めしまくってたから逆にひいちゃってなんとなく聴いてなかったんだけど、秋のリリース・ラッシュが一段落してちょっと聴いてみようという気になった。

6月ごろに彼らのOfficial Siteで試聴したときはちょっとキャッチー過ぎるかなぁってイマイチ手が出なかった。歌い方がOasisのリアムにそっくりだなぁ(声もちょっと似てるような)ってのがやたら耳についちゃったり、精神的にももうちょっと暗い曲を求めていたりで、同時期に話題になっていたThe Dead 60'sの方を購入した。

この二つのバンドは、Dubを取り入れてる部分が共通していて、Dub独特の音の波の面白さは断然The Dead 60'sの方がこだわっていて面白い。きっとThe Mars VoltaのDubへのこだわりが好きな人は楽しめると思う。でも、彼らには何度も何度も聴きたくなるような中毒性が何故か感じられなくて、最近CDラックから取り出す機会があまりない。

しかしこのHARD-Fiというバンド、いいじゃない。もう何度も再生してしまったよ。縦ノリと横ノリのバランスがいいのかな。横ノリのじわじわくる高揚感と縦ノリの衝動的な感覚が代わるがわるやってきてツボを刺激する。そしてその感覚を持続させるのは、Dance/Dub/Ska/Pop/Rock/Punkと節操のない雑食性から生まれる音楽の多様性と時折見せる悲しげな一面。彼らのバラードは、人前では陽気に振る舞い傷を隠す青年の涙のようにハッとさせるものがある。

アルバム全体を通してなかなか巧く仕上げられていて捨て曲らしい曲もないが、山場が前半にあるので後半もう一度鷲掴みしてくれる展開があったらなぁと欲が出てくるが、そこはデビュー・アルバムということで今後に期待しよう。

[追記: 2005-10-10T22:43:38+09:00]

噛めば噛むほどな酢昆布アルバムみたい。後半の曲もどんどん馴染んできた。後半は決して悪くない。他のへっぽこアルバムの中にあったらシングルにもなり得るほどのクオリティーだ。ただこのアルバムの前半がもの凄くキャッチーでそっちに目を奪われているだけ。

色んなジャンルが見え隠れしていて、まだ彼らには引き出しがありそう。これからどんな世界観もだしていけそうな懐の深いバンド。1stを聴いたばかりなのにもう次のアルバムに期待してしまう。まだまだ何かしてくれそうな予感。
--------------------------------------

11/14,15に東京・大阪で初来日公演を行う予定。詳しくは↓
http://smash-jpn.com/hard_fi.html

10/12には待望の日本盤が発売されるみたい。ボーナス・トラック1曲とPV4曲収録、初回限定ハッピー・プライスだそうです。

作品紹介

photo
スターズ・オブ・CCTV (初回限定ハッピー・プライス)
HARD-Fi
ワーナーミュージック・ジャパン (2005/10/12)

その他のバージョン

Members

  • Richard Archer - vocals, guitar
  • Ross Phillips - guitar, backing vocals
  • Kai Stephens - bass, backing vocals
  • Steve Kemp - drums

Discography

Singles

関連リンク

関連記事

スポンサーサイト
次の記事:[VIDEO] 最強バンド発見
ひとつ前の記事:[System] ‘Hypnotize’ 先行試聴開始 [Down]

この記事へのコメント

azzaro 2005-10-10 21:14:28 #- [編集]
私も密かに(笑)このバンドに注目してました。
ロキノンの付録CDの中に入ってましたよね。
あの曲が頭の中をグルグル・・
>人前では陽気に振る舞い傷を隠す青年の>涙のようにハッとさせる
バラードもすごーく聴いてみたい!
fugazo@大正おかん座 2005-10-10 22:15:33 #- [編集]
>azzaroさん
レビュー読んでくれはってありがとうございます。レビュー書くのってすっごい体力使うので大変(笑)だからレビューにコメントがくると嬉しです :D
そんな体力使ってでも書きたいって思わせるアルバムだけピックアップしてるので今回もオススメです。
ロキノンCDの曲ってことは”Hard To Beat”ですね。軽快なダンスビートが心地いい曲ですね。イギリスっ子っぽい曲♪
全曲聴きやすいんですが、特に前半の曲はどれも個性的でどれをシングルに使ってもいいんじゃないかってほどの出来です。

バラードいいですよ~ :)
ピアノが胸に響きます。
eifukucho 2005-11-01 05:38:55 #- [編集]
初めまして、eifukuchoと申します。
自分もHard-Fiについて、ちょっと書いたので、突然ながらトラバさせていただきました。自分もDead 60Sも聞いていますが、両方とも先が気になるバンドですよね。これからが楽しみです。

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

英国労働者階級を代表する反抗の叫び声 - ずぶと的洋楽 2005/10/20 17:03
ハード・ファイ/ スターズ・オブ・CCTV 絶対洋楽フル!で特集くまれてたので興味深いです。この人たち初めて知ったのでどういう人たちか分からないのでオフィシャルサイトで調べてみました。以下オフィシャルサイトより(一部省略==========自分達のこと ... Read more

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。