<ドラマーが「ギターやりてぇ」って言い出した | 遅ればせながらiPod>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:ドラマーが「ギターやりてぇ」って言い出した
ひとつ前の記事:遅ればせながらiPod

モデスト・マウス (Modest Mouse)

Modest Mouse

一年くらい前、FugaziやFaraquetみたいな音を求めてた時にAmazon.com: Free Music Downloadsで "Dirty Fingernails" を聴いて、それ以来iTunesに常駐させてたんですが、昨日iPodにそれを移動させてて「そういえばこのバンドの事よく知らんなぁ」と色々調べて他の曲を聴くうちにハマってしまいました。

日本での知名度はいま一つですが、アメリカではメジャー2作目の最新アルバム『Good News For People Who Love Bad News』がプラチナを獲得する程の人気。レーベルのサイトではその最新作と前作などの音源が全曲試聴可能。"Float On" がシングル・カットされた曲で人気が高いみたい。個人的には2曲目の "The World At Large" の方がオススメ。この曲で完全にハマってしまいました。でもこれはモデスト・マウスらしくない曲だと思います(笑)

PVも凝っていてオフィシャル・サイトに二つ置いてあるんですが、iTunes Music Store "Ocean Breathes Salty" の高画質版もありました。

彼らはインディーでの活動が長く(結成は93年頃)、その頃からのファンには”丸くなった”みたいな不評の声もちらほら。さらに一番丸いアルバムが大ヒットしたもんだから新旧ファンの溝は深まるばかり…。

昔は荒削りで、ピクシーズなんかがルーツってのも頷ける感じの音楽性で、特にヴォーカルのシャウトとギターを酔っぱらいながら弾いてる(?)みたいな音が面白い。古くからのファンには2枚目の『Lonesome Crowded West』が人気。

Discography

photo
This Is a Long Drive for Someone With Nothing to Think About
(1996/04/09) Up
アルバム全体に流れるのは映画『ファイトクラブ』のラストシーンで流れるピクシーズの『where is my mind?』のような空気だと思う。笑いながら破滅する。破滅の向こうに希望を見つける… (カスタマー)
photo
Lonesome Crowded West
(1997/11/18) Up
一曲目からブッ飛びました。ハイテンションで鋭角に切り裂くギター!!エモーショナルなメロディをすごい勢いでぶつけられる感覚… (カスタマー)
photo
The Moon & Antarctica
(2000/06/13) Epic
メジャー・デビュー・アルバム。2004年に4曲プラスして再発されています。
photo
Good News for People Who Love Bad News
(2004/04/06) Epic
プラチナ・アルバムも達成しバンドが広く知られるきっかけとなったアルバム。売れたので[日本盤]もリリースされました。
photo
Sad Sappy Sucker
(2001/04/24) K Records
幻の1stアルバム。レコーディングは1994~1995年の間に行われたが2001年までリリースされなかった。24曲入りで34分という初期衝動的アルバム。

ミニアルバムの内容が充実

photo
The Fruit That Ate Itself
(1997/05/13) K Records
このバンドを知るきっかけになった "Dirty Fingernails" はこのEPに収録されています。
photo
Building Nothing Out Of Something
(1999/01/18) UP
シングル&レア・トラック集。
photo
Everywhere and His Nasty Parlor Tricks
(2001/09/25) Sony
2001年秋の全米ツアー用にリリースされたミニ・アルバム。

関連情報

関連アーティスト

Ugly Casanova, Built To Spill, Pixies, Talking Heads, Fugazi, 764-Hero, Flaming Lips, Pavement

関連作品

photo
トーク・ライク・ブラッド
31Knots
[日本盤] (2005/10/05)
[from US] (2005/10/11)
"FUGAZI meets MODEST MOUSE" と称されたバンド。3ピースによる無駄のない音と絶妙の "間" を聴かせてくれる。

関連リンク

スポンサーサイト
次の記事:ドラマーが「ギターやりてぇ」って言い出した
ひとつ前の記事:遅ればせながらiPod

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。