<[At the Drive-In] RollingStone.comで動画配信スタート | [CM] Air France / ミシェル・ゴンドリー>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の記事:[At the Drive-In] RollingStone.comで動画配信スタート
ひとつ前の記事:[CM] Air France / ミシェル・ゴンドリー

[The Darkness] 新ベーシストは・・・

ダークネスが、先日脱退(解雇??)したフランキー・ポーレインの後釜が見つかったと発表した

The Darkness Name New Bass Player(GIGWISE.com)

新しいベーシスト(になる予定)の名前は "Richie Edwards" (リッチー・エドワーズ) で、彼はバンドのギタリストDan Hawkinsの元ギターテクだそうです。

詳しい日本語訳は明日か明後日くらいに日本の音楽サイトのニュースで出ると思うのでまた追記します。

[追記:Jun 16, 2005]

BARKSダークネス、ニュー・ベーシストが決定に日本語で詳細が書かれています。

Richie Edwards(リッチー・エドワーズ)はバンドのギターテクで、その仕事に就く前はヘヴィ・メタル・バンド "オニオン・トランプ" で活動していたそうです。

"オニオン・トランプ" をサラッと検索してみたんですけど情報はなかったです。探し方が悪いだけかもしれないんで「こんなんあったよ」みたいな情報がありましたらコメントにでも書き込んでもらえるとありがたいです。

風貌はスキンヘッドに190センチ以上の長身ということなので、またしてもアクセント役になりそうです。元ベーシスト:フランキーもバンダナ、ヒゲで他のメンバーより印象に残りやすかったし。

リッチーは、二年間スタッフとしてバンドと関わっていたためダークネスの曲は熟知しているそうです。これってバンドの脱退問題で重要なとこですよね。

レッチリ(Red Hot Chiri Peppers)のように、バンドの大ファンで音楽狂いの青年がその後のバンドの運命を一変させるっていうのはかなりラッキーなパターン。


関連するかもしれない本

クロスビート・ファイル (Vol.1) レッド・ホット・チリ・ペッパーズ全曲百科 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ・ファイル クロスビート・ファイル (Vol.2)

関連記事
+ ダークネス、ベーシストが脱退

スポンサーサイト
次の記事:[At the Drive-In] RollingStone.comで動画配信スタート
ひとつ前の記事:[CM] Air France / ミシェル・ゴンドリー

この記事へのコメント

この記事にコメントする

*記事以外への感想・タレこみ・不具合報告などは掲示板に書き込んで頂くか、メールでお願いします。

オプション
オプション
編集用
  非公開コメント

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

トラックバック・ポリシー(送信する前にお読みください)
※スパム対策のため、大正おかん座へのリンクがない記事からのトラックバックは自動的に受けつけないようになっています。ご了承下さい。

全記事表示最新記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。